亀頭直下縫合手術とは

その名の通り、亀頭のすぐそばに、ぬいあとがくるようになる包茎手術です。

 

ペニスを包む皮のうち、最も先端部分の亀頭に近いところを切除します。

 

昔ながらのやり方のように、ペニスの途中で切除すると、先端側と根元側で色が違ってしまい、ツートンカラーの状態になってしまいます。

 

が、最も先端部分だけを取り除くので、途中で色が変わるようなことがありません。

 

また、縫合跡が亀頭の傘の部分に来ます。ちょうど隠れるような形になり、あまり目立たずに済みます。

 

もっともデザイン性が高い包茎手術といえるでしょう。

 

執刀医にかなりの技量が求められる方法です。どこにメスを入れるか、どのようにつなぐかが問われるのです。

 

実際、腕に自信のある執刀医ほど、この手術を採用したがるようです。

 

当然、その分、手術代も高くなります。

 

また、はっきりしたデメリットもありますので、承知しておきましょう。セックスの時の快感が落ちる可能性が高いのです。

 

切り取るのは包皮小体に近い部分です。いわゆる「スジ」です。この辺りの皮膚がもっとも快感を得られる部分なのです。

 

やり方によっては、スジまで取ってしまうようなこともあります。これではさらに快感がなくなってしまうでしょう。

 

実際にはどうなるかは執刀医次第の面がありますので、しっかりと医療機関や担当の執刀医を選ぶ必要があります。

 

また、カウンセリングの際の打ち合わせも重要です。中には早漏解消のため、あえて快感がなくなるような皮のとり方を希望するような人もいます。

亀頭直下縫合手術とは関連ページ

切らない包茎手術って?

このページの先頭へ戻る