切らない包茎手術って?

包茎手術はペニスの皮の一部を切り取ったり、割いて、包皮の状況を改善します。

 

例え包茎に悩んでいても、「大事なところにメスを入れるなんて」ととても不安になる人も多いでしょう。

 

が、「切らない包茎手術」というのも工夫されています。

 

重度の包茎には効果がありません。少なくとも手で皮をむけば亀頭が出てくることが条件です。つまり仮性包茎限定です。また、本格的な問題解消にはならないかもしれません。

 

が、「体への負担が少ない」「手術からの回復にかかる時間が短い」「傷跡が残らない」「費用が安い」といった理由でこちらを選ぶ人もいます。

 

また、軽度の仮性包茎の場合は、これで問題がないこところまで改善することもあるのです。

 

まず、もっとも軽い処置になるのは、輪ゴムを使った方法でしょう。

 

医療用の輪ゴムをペニスの根元につけます。これで皮を手前のほうに引っ張るのです。しばらく続ければ、皮が戻らないような癖がつく、というわけです。

 

輪ゴムの代わりに接着剤を使う方法もあります。やはり、皮を根元の方に引っ張り、その位置で固定してしまいます。

 

もう少し本格的にやるのならば、糸を使います。

 

この糸は美容整形外科用の細いものです。皮を何カ所か縫い付け、亀頭が露出するような形を作ります。これをしばらく続ければ、やはり癖がつくわけです。

 

「二重まぶた」のプチ整形をペニスに応用したような形です。

 

これらの方法はまとめて「ノン切開法」と呼ばれることもあります。

切らない包茎手術って?関連ページ

亀頭直下縫合手術とは

このページの先頭へ戻る