包茎でいることのいろいろな問題点

包茎を抱えている人の悩みは大きく、複雑でしょう。というのは、機能面と精神面の両方で問題となるからです。

 

機能面から考えると、まずは「不衛生」ということがあります。

 

包皮と亀頭の間に恥垢がたまってしまうのです。仮性包茎で、手で皮をむくことができる場合はまだいい方です。おふろに入った時にでも洗い流すことができます。

 

また、セックスの時が問題です。この不衛生なままの性器では相手の女性にも歓迎されないでしょう。

 

また、早漏になりがちです。刺激を簡単に感じてしまうのです。これは相手の女性にも、自分自身にもありがたくない状況です。

 

また、包皮に覆われているせいで、亀頭が発達しないこともあるようです。

 

ならば「包茎手術で解決」とは簡単にはならないのは悩ましいところです。手術をしたがために、今度は快感が減ることもあります。手術に踏み切る場合は、そういう可能性のあることは承知しておきましょう。

 

このように機能面からのマイナスがあるせいで、重圧に感じてしまうことがあります。仮に日常生活の上で問題がなくても、この重圧からは逃れられないようです。

 

これが精神面の問題となるわけです。

 

「見た目がわるい」「子供っぽい」「男性として魅力がない」といった方にとらえがちです。

 

「他人には知られたくない」といったことから、旅行などで大浴場には行けない人も出てくるようです。

 

また、女性との交際にも積極的にはなれません。女性とセックスの機会があっても、包茎であることを知られることを恐れて、わざわざ回避してしまうようなことだって考えられます。


このページの先頭へ戻る