包茎手術って痛いの?

包茎の手術を受けるには強い決断が必要でしょう。とても大事なところです。「失敗した」では済まされません。

 

また、男性ならばとても敏感である部分であることは十分承知しているでしょう。そんなところにメスを入れるのです。

 

ちょっと想像するだけで、激痛が走りそうです。

 

で、実際のところどうなのでしょうか。

 

まず、手術の最中は、痛みを感じることはないでしょう。麻酔が効いているのです。「性器を触っている」ということが分かるかどうか、といった程度です。

 

問題はむしろ術前です。メスを入れるのに備えて、局所麻酔をします。この注射で、激痛を感じる人もいれば、「ちょっとつねった程度の痛み」という人もいるのです。

 

病院やクリニックによっては、痛みを軽減するため、麻酔注射を二回に分けるようなところもあるようです。

 

で、手術後は徐々にこの麻酔は切れていきます。それにつれ痛みが出てくるようです。「ジンジンとした痛み」と表現する人もいるようです。

 

この痛みは数日で治まることがほとんどです。が、長い人は一週間、二週間も治らないこともあるようです。

 

おそらく痛み止めが出されているはずです。これを服用しながら、耐えることになります。

 

また、手術の傷によるものではありませんが、亀頭が衣類に擦れることでの痛みもあるようです。

 

というのは、包茎ですから、亀頭をむき出しにしたことがありません。たとえパンツ程度でも、強い刺激に感じるようです。


このページの先頭へ戻る