包茎手術のQ&A記事一覧

包茎の手術を受けるには強い決断が必要でしょう。とても大事なところです。「失敗した」では済まされません。また、男性ならばとても敏感である部分であることは十分承知しているでしょう。そんなところにメスを入れるのです。ちょっと想像するだけで、激痛が走りそうです。で、実際のところどうなのでしょうか。まず、手術の最中は、痛みを感じることはないでしょう。麻酔が効いているのです。「性器を触っている」ということが分...
包茎手術を受ける方向で検討を始めたら、具体的な手順だって知りたくなるでしょう。まずは、手術を受ける医療機関選びです。包茎手術の場合、執刀医の良しあしがとても大事です。個人個人で持っている知識や技術、経験に大差があります。もし技術のない医師が執刀すると、失敗する可能性も高くなります。仮に失敗まで行かなくても、傷口が目立つようなこともあります。評判のいい医師がいる医療機関を選びましょう。また、包茎手術...
包茎を抱えている人の悩みは大きく、複雑でしょう。というのは、機能面と精神面の両方で問題となるからです。機能面から考えると、まずは「不衛生」ということがあります。包皮と亀頭の間に恥垢がたまってしまうのです。仮性包茎で、手で皮をむくことができる場合はまだいい方です。おふろに入った時にでも洗い流すことができます。また、セックスの時が問題です。この不衛生なままの性器では相手の女性にも歓迎されないでしょう。...
包茎になる理由としては三つあると考えられています。まずは、遺伝によるものです。生まれつき包皮のが長く、余ってしまった分が亀頭を覆ってしまうのです。これは防ぎようがありません。また、意外なことに肥満によるものもあります。おなかに余分な肉がつくと、ペニスもその肉の中に埋もれてしまうようになります。ペニスは恥骨に直接ついているのです。このようになると、付け根の皮膚も前に押し出されます。すると、ペニスの上...
包茎手術を受けようかと考え始めても、「手術なんぞ受けたら、しばらく仕事は休まなければならないだろう」とか、「病気でもないことで手術を受け、会社を休むのは気が引ける」なんて考える人もいるでしょう。中には、「包茎のことを黙っていたのに、仕事を休むことでバレてしまうかも」なんて心配をする人もいるかもしれません。いったい包茎手術はどのくらい仕事に影響を与えるものでしょうか。まず、一般的には入院をする必要も...

このページの先頭へ戻る